むちうち等でお困りですか?豊田市で交通事故治療のことなら| きのした整骨院
HOME>一日一文マイ格言

一日一文マイ格言

可愛いい!
「なにもなにも、ちいさきものはみなうつくし」by清少納言(随筆家)

日本人は、昔から小っちゃいものを愛でる精神があるんですね。
「『縮み』志向の日本人」by李御寧(元梨花女子大学教授、韓国)
に詳しい説明があります。
投稿者 きのした整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
人格は才能を超える
 「原辰徳、中心なきプロ野球界において、あえて中心を演じ続ける」
                                                  by作者不詳

 長嶋が病に倒れるまで、プロ野球界は、常に彼を中心に回り続けていた
(ちなみに私は巨人ファンではないですよ。どちらかと言えばアンチです)。
原の高潔な人格が、いつか長嶋を超える時がくるのではないでしょうか…。
投稿者 きのした整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
したたかに生きる
 「『したたか』とは『したたしか(下確)』の約である。『したたしか』
は『下手然』、下(足元・土台・基盤・根源)を手や足で直に触れて、
そうだ(しかり・然り)と実感し納得することである。
 すべてのからだの動きにおいて、下が確かであることが何よりも
大切なことである。下から伝わってくるエネルギーによる動きから、
ほんとうの強さ、本当の速さ・巧みさは生まれるのである。」
                      by野口三千三(野口体操創始者)  
   
投稿者 きのした整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
長生き(老い)は勝利か恐怖か?
「あらゆる人間は、『老人』という名の身体障害者になる」by吉本隆明(詩人、評論家)

私は吉本さんの本を一冊も読んだことがありませんが、この文章は
強く印象に残っています。
投稿者 きのした整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
無題
 そうとも俺は思考の盗人
 でも魂の買人じゃないぜ 念のため
 待ち受けるものの上に
 俺は築き 築き直した
 なぜって砂が浜辺の上に
 たくさんの城を切り出すから
 俺の時代より前に
 開かれていたものの中に
 一語 一つの空 一つの歴史 一本の線
 風の中に鍵 俺のこころを逃げ出させ
 俺の閉じ込められた思考に裏庭の風をあてるため
 俺の仕事じゃないぜ 座ったり考え込んだりは
 時を倦(あ)かずに眺めながら
 過去にはなかった考えを考えるため
 夢みられなかった夢を想うため
 あるいはまだ書かれてもいない新たな観念を
 あるいは韻に合うような語を…
 でも俺は新しい規則なんかを気にしていない
 そんなものはまだ作られていないのだから
 俺は叫ぶ 頭の中で歌っているものを
 そんな新しい規則を作れるのは
 俺か 俺の同類だろうとは知りながら
 そしてもし明日の人々が
 本当に今日の規則が必要なら
 さあ みんな集まってこい 検事総長ども
 この世は裁判所でしかないのだから
 そうさ
 だがおれはお前らよりもよく被告を知っている
 お前らが訴訟の準備をしている間に
 俺たちはひたすら口笛を吹いていよう
 傍聴席を掃除しよう
 ぱた ぱた
 謹聴 謹聴 
 仲間うちでウィンクしながら
 きをつけろ 
      きをつけろ
 もうすぐお前らの番がくる 
                 byボブ・ディラン(ミュージシャン、米)
 
 
 
投稿者 きのした整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)